制度改正によって父親が育児休業を取りやすくなりました。

1.パパ・ママ育休プラス

父母ともに育児休業を取得する場合、子が1歳2 か月に達するまでの間に、1年まで休業することを可能とする。

2.出産後8週間以内の父親の育児休業取得促進

配偶者の出産後8 週間以内に、父親が育児休業を取得した場合には、特例として育児休業を再度取得できるよう要件を緩和する。

3.労使協定による専業主婦(夫)取得除外規定の廃止

労使協定を定めることにより、配偶者が専業主婦(夫)である場合等、常態として子どもを養育することができる労働者からの育児休業取得の申出を事業主が拒むことを可能としている制度を廃止する。

カテゴリー: 五段, 仕事と家庭編   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク